API ドキュメント

エンドポイント

すべての API は http://img.azyobuzi.net/api/ の下で公開されています。

redirect, redirect.json

画像へ直接リダイレクトします。

パラメータ

uri 必須:展開する URI
size リダイレクト先の画像サイズ(デフォルト:full
full, large, thumb, video のいずれかを指定してください。
use_https https:// から始まる URI にリダイレクトするかどうか
true または false で指定。デフォルト:false

リクエスト

GET http://img.azyobuzi.net/api/redirect?uri=http://f.hatena.ne.jp/azyobuzin/20120823110153&size=thumb

レスポンス

HTTP/1.1 303 See Other
Location: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/azyobuzin/20120823/20120823110153_120.jpg

all_sizes.json

img.azyobuzi.net で取得できるすべてのサイズの URI を JSON 形式で返します。

パラメータ

uri 必須:展開する URI

リクエスト

GET http://img.azyobuzi.net/api/all_sizes.json?uri=http://twitpic.com/af9ddv

レスポンス

{
    "large": "http://twitpic.com/show/large/af9ddv",
    "large_https": "https://twitpic.com/show/large/af9ddv",
    "full": "http://twitpic.com/show/full/af9ddv",
    "full_https": "https://twitpic.com/show/full/af9ddv",
    "thumb": "http://twitpic.com/show/thumb/af9ddv",
    "thumb_https": "https://twitpic.com/show/thumb/af9ddv",
    "video": null,
    "video_https": null,
    "service": "Twitpic"
}

regex.json

img.azyobuzi.net が対応しているすべての画像投稿サービス名と、その URI の正規表現(IgnoreCase 前提)を JSON 形式で返します。

エラー時のレスポンス

エラーが発生した場合は、以下のような JSON を返します。

{
  "error": {
    "message": "\"uri\" parameter you requested is not supported.",
    "code": 4002,
    "exception": null
  }
}

また、ステータスコードとエラーコードには以下の様な意味があります。

エラーコード ステータスコード 原因
4001 400 uri パラメータが指定されていません。
4002 400 指定された uri パラメータに対応していません。
4003 400 size パラメータに不正な値が指定されました。
4041 404 API が指定されていません。このエラーは API のルートディレクトリに直接アクセスした場合に発生します。
4042 404 指定された API が存在していません。
4043 404 指定された uri パラメータに対して展開を試みたところ、画像または動画が存在していませんでした。
4044 404 指定された uri パラメータに対して展開を試みたところ、画像または動画ではありませんでした。
4045 404 redirect において size=video を指定されましたが、対応している動画ではありませんでした。
4051 405 GET, HEAD 以外のリクエストを受信しました。
5000 500 原因不明のエラーが発生しました。このエラーが発生した場合、 img.azyobuzi.net のバグである可能性が高いです。サーバー管理者(主に azyobuzin)にご連絡ください。

免責事項と注意事項

本サービスでは、返還する値が正確であることを保証しません。 また、本サービスを利用することによって発生した損害に、作者は一切責任を負いません

作者は本サービスを予告なしに仕様変更、サービスの一時停止・終了を行うことができます。 また、故意・過失問わず、ホストされているサーバーに膨大な負担をかけることを禁じます。

あとは臨機応変にゆるーくいきましょう!